ヤミ金に注意する

キャッシングは人生に役立てることが出来ますが、中には大きなトラブルの原因となることがあります。
その代表的なものはヤミ金でしょう。
金融業者は本来自治体などに申請をしなければいけませんが、ヤミ金は登録をせずに違法に営業を行っています。
現在は摘発が進んでいますが、残念ながら根強く残っているヤミ金もあるので注意しましょう。

ヤミ金による最大のトラブルは法外な金利です。
現在の貸金業者は法律で定められた金利を採用していますが、ヤミ金の金利はそれを大きく超えています。
2万円借りただけで、10日後に1万2000円もの利息が課されることがあるのです。
これは年利にすると2190%で、貸金業者としてあり得ない金利です。
ヤミ金から僅かな額を借りただけで、借金が雪だるま式に増えてしまいます。
さらに、ヤミ金は厳しい取り立てをすることで知られています。
中には恐喝まがいの取り立てや暴力行為もあるのです。

こういったヤミ金はダイレクトメールで勧誘を行っているため、ダイレクトメールに誘われてはいけません。
正規の貸金業者はダイレクトメールによる勧誘は行っていません。
さらに、連絡先が固定電話ではなく携帯電話となっている場合がほとんどです。
ヤミ金と関わってはいけません。

無料相談窓口を利用

グレーゾーン金利時代に貸金業者からキャッシングをして、完済した場合は過払い金となし、それを貸金業者から返還してもらうことが出来ます。
中にはグレーゾーン金利で返済をしており、すでに元本に達しているにも関わらず返済をしていることもあります。
そのような場合はすでに完済となり、それ以上返済したお金は過払い金として変換してもらうことが出来ます。

これに該当しているのであれば、誰もが過払い金を返還してもらいたいものですが、専門的な知識が必要になるため一般人では難しいでしょう。
そのような時は弁護士や司法書士などの専門家に相談をしましょう。
こういった事務所では無料相談窓口が設けられているため、気軽にアドバイスをもらうことが出来ます。
実際に過払い金返還の手続きをしてもらうと費用がかかってしまいますが、返還額の中から相殺されるので安心しましょう。

しかし、過払い金請求をすることで誰もが借金から解放される訳ではありません。
過払い金を差し引いても借金が残ることもありますので注意しましょう。
さらに、キャッシングをしていれば誰もが過払い金があるとは限りません。
そのため自分で判断をするのではなく、まずは専門家に相談をしてください。

なぜ過払いが起きたか

誰もが「過払い金」というワードを耳にしたことがあることでしょうが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。
貸金業者は本来利息制限法という法律によって定められた、15%から20%という上限金利の中で貸し付けを行わなければなりません。
しかし、多くの貸金業者がそれ以上の金利で貸し付けを行っていたため、過払い金というものが発生したのです。

それでは、多くの貸金業者は何を基準にして金利を設定していたのでしょうか。
日本の法律には出資法という法律で定められた金利があり、こちらは利息制限法で定められた金利よりも高く設定されています。
そのため、多くの貸金業者は出資法と利息制限法の間の金利を採用していたのです。
これをグレーゾーン金利と呼びます。
このワードを耳にしたことのある方も多いことでしょう。

「利息制限法以上の金利を採用していた貸金業者は罰せられるのではないか」と思うことでしょうが、利息制限法には罰則が無かったのです。
しかし、出資法には罰則があります。
そのため、グレーゾーン金利が生まれました。
しかし、現在は改正貸金業法が施行されたためグレーゾーン金利は無くなり、グレーゾーン金利で返済したお金は過払い金となるのです。

過払い金返還請求とは

近年、テレビや雑誌で過払い金請求の話題が取り上げられています。
これはかつての貸金業者がグレーゾーン金利と呼ばれる金利で貸し付けを行っていたことが原因です。
そのため、多くの弁護士事務所や司法書士事務所では無料相談窓口が設けられており、気になる方は誰もが気軽に相談出来るようになっています。
過去に貸金業者からキャッシングをしたことのある方は、自分で判断せずに専門家に相談をしましょう。

貸金業者は利息制限法で定められた金利で貸し付けなければなりませんでしたが、利息制限法に罰則はありません。
さらに、それとは別に出資法という法律で定められた金利があります。
出資法には罰則があるため、かつての貸金業者は利息制限法と出資法の間の金利を採用していました。
この金利はグレーゾーン金利と呼ばれています。
しかし、現在は改正貸金業法による金利でしか貸し付けが出来ません。
この払い過ぎたお金を変換してもらうことが出来るのです。

これを聞くと誰もが過払い金があるように感じますが、グレーゾーン金利撤廃後のキャッシングは該当しません。
少しでも心当たりがあったら、専門家にアドバイスをもらいましょう。
また、キャッシングでトラブルに巻き込まれることもあります。
その最たるものはヤミ金の存在でしょう。
グレーゾーン金利をはるかに超えた金利で貸し付けを行っており、脅迫まがいの取り立てを行っています。
ヤミ金とは絶対に関わらないようにしましょう。