なぜ過払いが起きたか

誰もが「過払い金」というワードを耳にしたことがあることでしょうが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。
貸金業者は本来利息制限法という法律によって定められた、15%から20%という上限金利の中で貸し付けを行わなければなりません。
しかし、多くの貸金業者がそれ以上の金利で貸し付けを行っていたため、過払い金というものが発生したのです。

それでは、多くの貸金業者は何を基準にして金利を設定していたのでしょうか。
日本の法律には出資法という法律で定められた金利があり、こちらは利息制限法で定められた金利よりも高く設定されています。
そのため、多くの貸金業者は出資法と利息制限法の間の金利を採用していたのです。
これをグレーゾーン金利と呼びます。
このワードを耳にしたことのある方も多いことでしょう。

「利息制限法以上の金利を採用していた貸金業者は罰せられるのではないか」と思うことでしょうが、利息制限法には罰則が無かったのです。
しかし、出資法には罰則があります。
そのため、グレーゾーン金利が生まれました。
しかし、現在は改正貸金業法が施行されたためグレーゾーン金利は無くなり、グレーゾーン金利で返済したお金は過払い金となるのです。