無料相談窓口を利用

グレーゾーン金利時代に貸金業者からキャッシングをして、完済した場合は過払い金となし、それを貸金業者から返還してもらうことが出来ます。
中にはグレーゾーン金利で返済をしており、すでに元本に達しているにも関わらず返済をしていることもあります。
そのような場合はすでに完済となり、それ以上返済したお金は過払い金として変換してもらうことが出来ます。

これに該当しているのであれば、誰もが過払い金を返還してもらいたいものですが、専門的な知識が必要になるため一般人では難しいでしょう。
そのような時は弁護士や司法書士などの専門家に相談をしましょう。
こういった事務所では無料相談窓口が設けられているため、気軽にアドバイスをもらうことが出来ます。
実際に過払い金返還の手続きをしてもらうと費用がかかってしまいますが、返還額の中から相殺されるので安心しましょう。

しかし、過払い金請求をすることで誰もが借金から解放される訳ではありません。
過払い金を差し引いても借金が残ることもありますので注意しましょう。
さらに、キャッシングをしていれば誰もが過払い金があるとは限りません。
そのため自分で判断をするのではなく、まずは専門家に相談をしてください。